フリーランスwebデザイナーの
気ままな情報発信ブログ

webデザイン教室

「ちいさなWEBデザイン教室」について

ちいさなwebデザイン教室
フリーランスwebデザイナーむらたまりえ
こんにちは。今回はわたしが運営する「ちいさなWEBデザイン教室」について書いてみます。

フリーランスとして活動し始めた時に、自サイトに作っていた「lesson」ページ。

それが「ちいさなWEBデザイン教室」の始まりでした。

オンラインでやり取りする、「習いごと」のようなイメージでスタートしました。

自サイトにただ1ページ、「レッスンもやっています」のような文章を書いていただけで、特に宣伝もしなかったですし、知り合いが1〜2名、興味を持って参加してくれている程度でした。

ところが、ある時、この教室に入りたいという方から、メッセージをいただきました。

とても嬉しかったです。そして正直なところ、驚きも大きかったです。

その方はすぐに入ってくださり、そして現在もメンバーさんとして参加してくださっています。heart

まだ始めたばかりで少人数です、と伝えていましたが、実は一般からのご参加は初めてでした。

「どうやってこの教室を知っていただいたのですか?」

もちろんお聞きしました。すると、私が制作実績で掲載していた、「心理カウンセラーさんのLP」をGoogleの画像検索で見つけていただき、そこからたどり着いてくださったのです。

WEB上に何かをUPするということは、誰かが見つけてくれる可能性がある」ということを身をもって体験することができました。

そして、私はこの教室を真剣にやっていくことを決意しました。そこで、当時活用できていなかったInstagramに教室のPR画像を投稿したり、サイトに紹介文を書いてみたり、Googleの広告を少しだけ出してみたりしたんです。

するとまたすぐに1名、参加者さんが入ってくださいました。

その時には、「ちいさなwebデザイン教室」という教室名もつけていませんでした。

そこで、教室名を作り、ドメインを取ってサイトも作りました。

最初に作ったサイトは、今とは違ってPOPな感じだったのですが、女性の為の教室なので、女性が好きな雰囲気にしようと何度か作り直しました。そして今のサイトができたのです。

海でパソコンをする女性

私がどういう想いを込めて、このコミュニティ(教室)を作ったのか、どういう気持ちで運営をしているのかなどが伝われば良いと思い、とにかく熱いメッセージをサイトに盛り込みました(笑)love letter

私が学んだ当時とは違って、今は「フリーランス」という言葉もよく聞くようになりましたし、スクールや、動画、無料のYoutube、オンラインサロン、単発のデザイン講座など、web制作を学ぶ手段は格段に増えてきました。

色々な手段、スクール、教室がある中で、私が自分の教室に対して言えることは、間違いなく「お金の為にやっている訳ではない」ということです。

先ほど書いた、2番目に参加してくださった方にも、どこで見つけてくれたのか、なぜ入ってくださったのかを聞いてみました。

見つけたのは、Instagram(多分)で、入ってくださった決め手は、「他のスクールや教室は、煽るような文章が多かったけど、ここはそんな感じが一切なかったから入りました^^」と言っていただきました。

そうなんです!笑
私、自分自身が、「勧誘」されることが大嫌いで。なので私も無理な勧誘はしません。

入退会はメンバーさんの意志にお任せしますし、入ったからには支払った金額以上のプラスを得て欲しいと思っています。

私の夫もweb制作者でフリーランスなのですが、応援してくれる反面、「よくやるな?」と思われております。笑

私は私なので、自分がやりたいようにやります。それがフリーランスの醍醐味かな、と。

私が自分でlessonページを作る前に、繋がりのあった起業家さんから、LPを作ってコンテンツ販売(web制作を教える動画などを売る)をしないかという話がありました。

それを実行していたら、今頃すごく売上が上がって、知名度も上がったのかもしれません。

でも、売れてからコンテンツを考える、とにかく売る、というような形式は、私はしたくありませんでした。

今までも、今後も、自分自身とメンバーさんの両方にとってメリットがあって、両方にとって心地良い教室(コミュニティ)であることを理想として、運営していきたいと思っています。

関連記事