ママフリーランスwebデザイナーが
『webデザインについて』
情報発信するブログ

Webデザイナーに向いている人ってどんな人?

質問です。webデザイナーに向いている人って、どんな人だと思いますか?

この記事を書いている人

Marie

Marie

  • フリーランスwebデザイナー&講師
  • 2児ママ
  • 制作会社・インハウスデザイナーを経験し独立
  • オンラインwebデザイン教室ちいウェブ運営
  • 仕事の合間の息抜きに植物を育てています♡
もっと詳しくみる

今回はこのような質問をいただきましたので、それについてまとめてみようと思いますbook

webデザイナーに向いているかどうかの定義

「向いているか」と聞かれても、簡単に答えを出せるものではありません。

「センスがないから、webデザイナーには向いていない」というのはちょっと違うかな、と思います。気になる方はこちらを参考にしてくださいね↓

webデザインの仕事について

そもそもwebデザイナーってどんな仕事をしているのでしょうか。従来であれば、webサイトやランディングページ(LP)のデザインやコーディング、バナーや画像のデザイン制作などがあります。

最近だと、WordPressの既存テーマを使用したカスタマイズ、WordPressでオリジナルテーマの構築など、バリエーションは増えてきていると思います。

SNSの運用やSNS用画像のデザイン、Youtubeサムネイルのデザイン等もありますよね。

“webデザイナー”という言葉が広まってきていて、この仕事を志す方も増えてきているのかな、という印象です。

webデザイナーの収入について

↑こちらでも書きましたが、webデザイナーのお給料って、別に良くないんですね^^;

フリーランスになったら、サラリーマン以上の収入を得る人もいますし、全然売上につながらない人もいますし、人によって様々です。

SNSで見かける方や、スクールの広告で見るような方のイメージだと、「webデザイン」=「楽しく稼げる」みたいな感じが多いかと思いますが、実際には苦しんでいる方がたくさんいるということを忘れてはいけません。

webデザイナーは最初、キツイ泣き笑い

これ、どういう意味かというと、最初のうちは、求められるデザインの制作ができずに、「やり直し」になってばかりだったり、受注がうまくできなかったりします。

誰でもスキルがない期間は、思っている以上に努力が必要だと思います。

デザインでもコーディングでも、努力が必要なのは同じです。

向いているかどうか

ここでは、webデザイナーの仕事や収入を考慮して、「続けていけるかどうか」という形で、webデザイナーに向いている・向いていないの判断をしてみようかと思います。

結論、webデザイナーに向いている人とは!?

webデザイナーの仕事や収入について書きましたが、あなたはどう思われましたか?

この記事を見て、「webデザイナーやりたい!」と思った方は、向いていると考えていいのかもしれません。笑

というのも、webデザイナーってスキルがないと収入に直結しませんので、収入UPを目指せるくらいまでの期間、”続けられるか”にかかってきますよね。

収入がなくても、キツくても続けられる人って、やっぱり制作が好きな人かな、と思うので、向いている人はwebデザインが好きな人ってことになるのかな。

コードを書いたり、PhotoshopやIllustrator、XDやその他のツールを使ってデザインを作っていくのが苦にならない人。

自分のデザインを「やり直し」と突っ返されても、めげずに頑張れる人が最後に残っていくのだろう、と思っています。

それでもデザインやりたい人、一緒にがんばろう♡

コメントする

CAPTCHA


関連記事

ページトップへ