フリーランスwebデザイナーの
気ままな情報発信ブログ

プライベート

自分の感覚を大事にする

わたしは繊細さん(HSP)に当てはまる部分がかなり多く、自己判断でそうだと思っています。

今回の、「自分の感覚を大事にする」というテーマは、デザインの話ではなく、生き方や働き方に通じる話です。

良かったら読んでいってくださいね^^

私は、「合う・合わない」はすごく大切なことだと思っています。

例えば、webデザインスクールでも、色々な先生がいますよね。

その中でも、それぞれ、合う先生、合わない先生がいると思うんです。

この「合う合わない」は、スキルや教え方の面で合う合わないではなく、「人間として」合うか合わないかということです。

(書いていてよく分からなくなりそうですが、この私の下手な文章で伝わるのかな。。)

ある先生がいくら、すごく的確なことを言ってくれても入ってこないけど、別の先生の話だと聞きやすくて入ってくる、というような感覚です。

こういうことってありませんか?

もちろん仕事をしていると、この人合わないなー…と思う人と接することは絶対に出てきますよね!!

だからと言って、仕事では、逃げるわけにはいきません。

でも、関わるたびに、なんか心が乱される…!

そんな時は、少しずつ距離をとっていく方が良いです。だって絶対に心と体に悪いですから…。

何が言いたいかと言うと、うまく伝えられないのですが、自分の「逃げ」を許してあげても良いんじゃないかということですかね?(聞くな

あとは、合う合わないがあるから、1人の話を聞くだけじゃなく、色々な方の話を聞いて、その中から合う方法を探した方が良いよ、ということが伝えたいのです。

私はモヤモヤすることは、きっぱりと切り捨て、自分の心に正直に生きるようにしています◍˘‿˘◍

そうすると、ポジティブにもなれるし、自分の力が最大限引き出せるような環境になる気がしています。

なので、私は、セミナーや教室に入ったとして、この先生、私とは合わないな…と感じたら、辞めれるタイミングで辞めます。

どんなに有益なことを教えてくれる先生でも、合わないと感じたら離れます。

その方が良い気がしてるんです。

そんなこと思ったりしませんか〜??

長いひとりごとにお付き合いいただきありがとうございました♪

関連記事