ママフリーランスwebデザイナーが
『webデザインについて』
情報発信するブログ

フリーランスWebデザイナーがInstagramでフォロワーさん1000人になるまでの物語

instagram

こんにちは。今回はInstagramについてです。

いつもインスタを見ていただいている方、どうもありがとうございます!!

この記事を書いている人

Marie

Marie

  • フリーランスwebデザイナー&講師
  • 2児ママ
  • 制作会社・インハウスデザイナーを経験し独立
  • オンラインwebデザイン教室ちいウェブ運営
  • 仕事の合間の息抜きに植物を育てています♡
もっと詳しくみる

昨年(2021年)の8月頃、Instagramを運用してみようと思いスタートしました。webデザイナー Marie

先日、目標としていたフォロワーさん1000人に到達することができました。Instagramを見ていただいた方、ありがとうございます。heart

Instagramをなぜ始めたか

まず、私がInstagramをはじめようと思った経緯からお話します。

私が講師をしているスクールの生徒さんや、自分が運営するデザイン教室、ちいウェブに来てくださる方とお話していると、SNSに、影響力のある「WEBデザイナー」さんがたくさんがいることを知りました。

私はSNSが元々得意ではありません。今でも苦手です。

TwitterやInstagram、その他のSNSも積極的に使っていなくて、友人・知人に近況を報告したり、他の方の投稿を見たりする程度でしか活用できていませんでした。

そんな中、生徒さんから、「〇〇さんというデザイナーさんがいて・・・」「〇〇さんがこう書いていました・・」等のお話をすごく聞くようになったのです。

普通に制作をしていると、SNSがなくても仕事はできますし、むしろSNSに投稿する時間がないよ〜、という感じの方も多いと思うんです。

私自身が、「SNSで有名な〇〇さん」を全く知らない状態で、生徒さんの話についていけない!!と思ったのが、Instagram投稿を始めるきっかけでした。

制作者(クリエイター)って、「制作する」ことが仕事です。このブログでも何度か書いてきましたが、手を動かしたことに対して、お金をいただけるお仕事なんですね。

なので仕事がたくさんあるデザイナーさんはめちゃくちゃ多忙です。本当に休みがとれないよって言っている方、たくさん見てきました。

Instagramで1万人以上のフォロワーさんがいる「WEBデザイナー」さんは、どうやってそこに辿り着いたのか気になりました。

また、もう一つ気になることがあります。

Instagramを伸ばすことで、コンサル依頼や生徒さんが増えるということではなく、WEBデザイナーの本業である「制作」の仕事が入ってくるのかという疑問です。

私自身の疑問を解決するため、自分の視野を広げるため、そして、生徒さんに教える立場でありながら、最近のInstagramデザイナー事情を知らないというのは立場的にNGかな?という考えから、私はInstagramの門をたたくことにしたのです。

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

ここから先は、私が何をして、何を考えて、これまでInstagramを投稿してきたのか、どんなタイミングで1000人に到達したのかを詳しく書いていきます。

途中で、Instagramのコンサルを受けたことがあるのですが、ここで方向を見誤ってしまった気がしています。((自分が信じた投稿を続けていた方が、近道だったかも…))と思うこともあります。

::::::::::୨୧::::::::::୨୧::::::::::୨୧::::::::::

あなたがWEBデザイナーさんで、これからInstagramを活用していきたいと思っていたら、参考にしていただけるかと思います。

::::::::::୨୧::::::::::୨୧::::::::::୨୧::::::::::

以下が目次です。♫book

  1. Instagram運用を始める前に
  2. どんな内容を投稿していくかの決定
  3. フォロワーさん数の推移
  4. Instagramコンサルを受けて方向転換
    ∟コンサルを受けた時の違和感
    ∟何を投稿したら良いか完全に迷子になる
  5. デザインの雰囲気の統一
  6. ぼちぼちと投稿を続ける
  7. 自由に投稿を開始⇨あっという間に1000人に
  8. Instagram運用についてよく言われていること、なんか違うなと感じたこと
    ∟「いいねやフォローを自分からした方が良い」について
    ∟「映えではなく中身が重要な時代」について
  9. Instagram運用についての考察・まとめ
  10. フォロワーさんが1000人時、Instagram経由での仕事依頼

Instagram運用に関する本や情報を出されている方は、既に1万人以上フォロワーさんがいる方が多いと思います。

1000人という単位で情報を発信されている方は少なく、私自身も、フォロワーさんが少ない段階から目標としていた1000人というゴールが見えず苦労してきました。

こちらの記事公開時点(2022年6月29日)でフォロワーさんは2434人で、インスタの更新は今お休みしております。

なぜお休みしているかなども書いてみます。

Instagramをこれから初めようとしているWEBデザイナーさんの為にこの記事を書きました。

もし読んでいただき、感想などをいただけるととても嬉しいです。

正直お安くない金額設定ですが、真剣に記事を書いていますので、この価格は高くないと思っています。

なぜ有料にするのかというと、「誰でも読める状態」ではなく、「本当に読みたい方」に、この記事は読んでいただきたいからです。プロフィールイラスト

実際の日付ごとのフォロワーさん数の推移表や、インサイトなども一部掲載しております。

コメントする

CAPTCHA


関連記事

ページトップへ