webデザイン・コーディングに役立つ情報、WordPressカスタムに使えるHTML・CSSコピペ用コード、Canva無料テンプレートなどをご紹介します♩

chiweblogちいウェブログ

【WordPress】動画を背景にするカスタム

動画を背景にする方法
この記事を書いている人
Marie

Marie

  • フリーランスwebデザイナー&講師
  • 制作会社・インハウスデザイナーを経験し独立
  • オンラインwebデザイン教室ちいウェブ運営
  • 仕事の合間の息抜きに植物を育てています♡
  • スプラ・DIY・将棋がすき
  • 小4・年長の母

今回は、動画を背景に使いたい時のカスタム方法を紹介します。

動画は、音声ありで流す場合、初めに、「流してもいいですか?」等の確認をする必要があります。

見かけたことがるのではないでしょうか

音声なしの動画は、オートプレイ(自動再生)させることができます。

固定ページや投稿ページにて動画を配置し、CSSを追加すれば、簡単に背景に設定できます。

今見ているこのページをデモとします。

ちょっとキラキラすぎて見にくいかもですが、デモ見る為にリンク飛ぶの面倒くさいので、このページ自体をデモにします。w

こちらも動画を背景とした見本のページです。

動画を背景にする流れ

どうやってやるかの流れを先に書いておきます。

①投稿内に動画を配置

②CSS追記

流れはもうこれだけです。

シンプルですね

では、具体的にどうやるのか見ていきます。

投稿内に動画を配置する

動画を配置する為に、コードを使うのがポイントです。

投稿や固定ページでは、「動画」という項目があるのですがこれは使いません

WordPress投稿画面に「動画」がある
WordPress投稿画面に「動画」がある

ちなみにこの動画機能で動画を配置するとこんな感じですね。↓レモン

動画を先にアップロード

まずは動画をメディアにアップロードしてください。

ダッシュボードのメディアライブラリ
ダッシュボードの「メディア」を開いた時の例

別タブとかでダッシュボードのメディアを開いてください。

ここに、動画をドラッグします。

WordPressのメディアに動画をアップロード中
メディアに動画をアップロード中

アップロードが完了したら、その動画をクリックします。

そうすると、こんな画面になります。

WordPressメディアにアップロードした動画の詳細

このファイルのURLを使います。

カスタムHTMLと動画URLを使って配置

動画の準備が整ったので、実際に投稿画面に入れてみます。

WordPress投稿の「カスタムHTML」

投稿で文字を書くところの「+」をクリックしたら、項目選べるじゃないですか?

「カスタムHTML」を選択してください。

HTMLを入力するinput欄

そうしたら、「HTMLを入力…」って出るので、そこに以下のコードをコピペしてください。

<div class="video-area"><video id="video" webkit-playsinline playsinline muted autoplay loop>
<source src="ここにファイルURL" type="video/mp4"></video></div>

「ここにファイルURL」という箇所は、先ほどメディアにアップロードした動画ファイルの「URLをコピー」からコピーして置き換えてください。

そうすると、動画が表示されるはずなので、表示できているかをプレビューで確認してください。

表示されていれば、動画の配置は完了です。

videoタグについて気になる方は、検索してみてください。

色々指定ができます。

CSSを書く

CSSは、めっちゃ簡単です。

サイズを画面いっぱいにして、positionを使って配置するのみです。

.video-area {
  width: 100vw;
  height: 100vh;
  position: fixed;
  top: 0;
  left: 0;
  z-index: -1;
}

fixedを使うことで、固定になるので、スクロールしてもずっといてくれます。

これでうまくいかなかったら、クレーム入れてください。

めっちゃ簡単!

注意ポイント

動画が切れる

今回見本で使用している動画は、1920 × 1080の大きさのものを使用しています。

これよりも、画面幅が大きくなると、切れちゃいます。

そこで、絶対に切れて欲しくない場合は、videoタグに、「width: 200vw」とかを設定しても良いと思います。

@media screen and (min-width:1920px) {
   video {width: 200vw}
 }

↑画面幅1920pxを超えるとvideoのサイズを200vwにしてね

100vwが画面幅サイズなので、200vwにすると、画面幅の2倍サイズということになります。

画面サイズを変えてみて、下が切れたりする場合は、widthを変えてみてください。

またこのままでは、スマホで見ると下が切れると思うので、ブレイクポイントを追加し、ビデオのwidthを変えてみてください。

@media screen and (max-width:768px) {
  video {width: 400vw}
}

↑画面幅768pxより小さくなるとvideoのサイズを400vwにしてね

iPhoneのバッテリー

iPhoneだとバッテリーが少なくなって、「低電力モード」になっちゃうと、動画のオート再生が行われません。

昨日は動いてたのに、今日は動かない!?なんで?!

と悩んだことがあります。笑

この点は注意してください。

では、今回はここまで〜

いいなと思ったら
TAPしてね♡↓

コメント

  • northarant より:

    とっても分かりやすい説明!
    ありがとうございました!!

    • Marie より:

      northarantさま
      ありがとうございます!!!!
      これからも分かりやすい説明を心がけて頑張りたいと思います!!

コメントする

CAPTCHA


コメントは承認後に表示されます。

Home Webデザイン コーディング コピペ用コード 【WordPress】動画を背景にするカスタム

関連記事

更新通知を受け取る

不定期更新の為、更新お知らせを受け取りたい方は
ご登録ください^^

更新通知以外のメールは
お送りしませんのでご安心ください。