ママフリーランスwebデザイナーが
『webデザインについて』
情報発信するブログ

ママがWebデザイナーとして働くメリットとデメリットとは?

ママ×WEBデザイナー

最近Webデザイナーを目指すママが増えてきていますよね。

実際にフリーランスのWebデザイナーとしてお仕事をしています。

子育てしながらWebデザイナーとして働くことは、メリットがたくさん。

同じく見逃しがちなデメリットもあるので、今回はママがWebデザイナーとして働くメリットとデメリットを実体験を交えてシェアしたいと思います。

この記事を書いている人

Marie

Marie

  • フリーランスwebデザイナー&講師
  • 2児ママ
  • 制作会社・インハウスデザイナーを経験し独立
  • オンラインwebデザイン教室ちいウェブ運営
  • 仕事の合間の息抜きに植物を育てています♡
もっと詳しくみる

Webデザイナーが注目されています

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、「在宅ワーク」がとても身近になってきました。

それ以前から、子育てと仕事を両立したいママから、「在宅ワーク」がとても人気です。

フリーランスとして在宅でお仕事をしやすい、「Webデザイナー」がママから注目されるようになってきていますよね。

人気っぷりに驚きです!

わたしがWebデザインスクールに通った10年前にはなかった、Webデザインスクールの「ママ専用コース」や、ママ・女性向けのWebデザインスクールが増えてきています。

それだけ、「Webデザイナー」、そして「在宅ワーク」に興味のあるママが増えています。

ママがWebデザイナーになるメリット

在宅で働くフリーランスを目指せる

Webデザイナーは、スキルと受注先さえ確保すれば、在宅でお仕事ができます。

どこにいても、PC( Mac)1台で仕事をすることが可能な職業です。

ママにとって、「在宅で仕事ができること」はとても助かると思います。

わたしは、息子が小学生になって改めて

フリーランスになっていて良かったheart

と、感じることが多いです。

子どもが保育園に通っている時も、朝、時間に追われて慌ただしく家を出る必要がないことも、メリットの1つです。

朝バタバタして子どもに「急いで!><」と怒鳴る必要がないので、ストレスが減ります。

(本当は「急いで><」とか可愛いもんじゃなく、「ちょ!!!!!何してんの!?早よしーやー!?怒」ということは内緒。)

小学生になってからは、14:30頃に帰宅するようになったので、帰宅する息子を家で迎えられたり、小学校まで迎えに行くことができるというのも、とってもメリットに感じています。

いざという時、すぐに動けますし、自分のスケジュール調整次第で、平日に自由にショッピングに行くことができるのもフリーランスのメリットです。

ママがWebデザイナーとして働くデメリット

では、ママがWebデザイナーになると、いいことばかりでしょうか?

残念ながら、いいことばかりではないんです。

制作会社勤務の場合のデメリット

どの職業でも同じことが言えると思いますが……。

会社にもよるとは思いますが、だいたいは子どものお熱や病気などで、急に休まないといけなくなった場合、会社に迷惑をかけてしまうんじゃないかと、気を使いますよね。

また、忙しい制作会社だと、夕方に自分だけ早く帰るというのも、とっても気を使います。

わたしは制作会社時代、みんなが制作している中、自分だけ保育園のお迎えの為に早く帰るのがとっても嫌でした。

「もっと仕事していたいのに」という思いや、「同僚に申し訳ない」ような気持ちもありました。

今振り返っても、制作会社勤務時代がこれまでで一番楽しく仕事ができていたような気がします。

ずっと仕事していたかった感じです。w

余談になりますが、制作会社って、色んな業種の企業のサイトを作れるじゃないですかパソコンを使う女性

小さな制作会社とかだと、1サイト丸々自分に任せてもらったりするので、色んなパターンのサイトをたくさん作ることができてとても楽しかったんです。

フリーランスの場合のデメリット

このデメリットは、実際にやってみないと気付かないのかもしれません。

わたし自身が実際にとても大変だったことです。

小さな子どもはいつ体調を崩して、保育園をお休みしなくてはいけなくなるか分かりません。

会社員だと、お仕事を休んだら、休むのは気を使いますが、子どものお世話をすることができますよね。

でも、フリーランスの場合、「納期」があると、子どもが休んでいるのに仕事をしなければいけない、というデメリットがあるんです。

子どもが休みになったので納期を伸ばしてください汗

とは言えませんので、睡眠時間を削るしかありません。パソコンの上で寝落ち

これが、本当に辛かったです。

しかも、我が家の場合は夫も同業者。

子どもが休みになっても、立場は同じはずなのに、普通に事務所に仕事しに行く夫。

何度イラついたか分かりません(笑)。

子どもが休みになると、特に体調不良の子どもはママにべったりなので、仕事なんてできませんよね。

子どもがお休みの時は、日中は子どものお世話をし、夜、子どもが寝静まった後に作業をする生活をしていました。

そして睡眠時間が削られ精神的にも肉体的にも辛かったです。

フリーランスって、お仕事があることが安心・安定につながるので、その当時はどうしても、いつもお仕事を抱えている状態でした。

そういう辛さを乗り越えて、今はのんびりお仕事をしています。

まとめ

ママにとって、Webデザイナーになることはフリーランスで在宅という選択肢が広がるメリットもありますし、同時にママフリーランスならではの苦労もあるということですね。

自分や家族にとって、生きやすくて、過ごしやすい働き方を見つけられると良いですねパソコンを使う女性

コメントする

CAPTCHA


関連記事

ページトップへ